秋冬はUVのオフシーズンではない

秋に気をつけるUVケア

ほとんどの方は春に紫外線対策を初めて夏の終わりには止めていますね。

ところが秋も春と同じ程度の紫外線量がありますので油断できません。

秋に浴びた紫外線ダメージは蓄積して、冬に肌トラブルが目立つようになります。

冬は多くの女性が乾燥肌に悩む時期ですので、秋の紫外線からくる影響も考えられます。

夏よりは少し低めのSPE・PAで構いませんが、秋の行楽やウィンタースポーツでは高めのSPF・PAの日焼け止めを選ぶようにしましょう。

日焼け止めをしても、その後にはスキンケアで保湿を重点的にしていくと肌のダメージは少なくなります。

秋になると気温も下がって過ごしやすくなるので、外にいる時間が長くなる場合もあります。

紫外線を浴びる時間も多くなりますので、SPFの数値にも気をつけて選んでみてはいかがでしょうか?

蓄積される紫外線のダメージは年間通して対処できるように検討して下さい。

冬に気をつけるUVケア

冬になると一般的には紫外線量が少なくなり、UVケアは必要のないシーズンだと思われてきました。

スキーやスノーボードをする方は、「雪焼け」と言う言葉をご存知だと思います。

雪が日光や紫外線を反射することによって、日焼けをしますのでUVケアは十分にしなくてはいけませんね。

降雪のない地域では特に心配はありませんが、降雪がある地域では冬にも紫外線対策をしっかりしていきましょう。

紫外線の多い時間帯は年間を通して同じなのですが午前10時から午後2時に強くなります。

夏と冬では紫外線量が違いますが、この時間帯に外出をするのなら、紫外線対策は欠かせませんね。

冬に注意をするのはUV-Aが中心になります。SPFも大事ですが、このシーズンにはPAが高いものがオススメですね。

UV-Aはシミやシワ等の肌トラブルを招きます。アンチエイジングとしての紫外線対策を考えたい時期ですね。

また、冬の室内だから日焼け止めは必要ないと言う考え方もしないようにしましょう。

おすすめの日焼け止め


紫外線対策は「つける時代」から「食べる時代」に


ウェアルーUV

サブコンテンツ

このページの先頭へ