ブロッコリーやケールが便利

ブロッコリーやケールの成分

紫外線対策として便利な野菜にはブロッコリー、ケールなどもあります。

主にアブラナ科の野菜なのですが、抗酸化作用が高い事が分かっています。

紫外線から受けるダメージを緩和することが出来ますので、オススメですね。

特にブロッコリースプラウトと言って、見た目が貝割れ大根の様に発芽しているものはスルフォラファンと言う成分が含まれていて、紫外線による皮膚がんを予防する効果を持っています。

ブロッコリーにはベータカロテンやビタミンB群、ビタミンCと言った肌の改善や修復効果を持つ成分も含まれています。

紫外線の活性酸素は、目にもダメージを出しますが、これを守るルテインもブロッコリーに入っています。

栄養成分が豊富でバランスにも優れています。ケールもオススメですが、独特の苦みがありますので、青汁やサプリメントを利用した方が摂りやすいかもしれません。

オススメの食べ方

ブロッコリーの食べ方ですが、ビタミンB群やビタミンCは水溶性なので、茹でると成分が減る可能性が高いですね。

そのためスープとしてゆで汁も全部、摂取出来る料理が良いでしょう。

ベータカロテンは油と一緒に摂ると吸収も上がりますので、スープには少量の肉を入れるか、エクストラバージンオイルを数滴入れると効果が高いですね。

注意点としては、ビタミンCの入っている野菜でも、加熱しすぎると成分が壊れやすくなりますので、短時間の加熱で済ませる様にした方が良いですね。

また、アブラナ科の野菜を中心に温野菜にすると成分を丸ごと食べられるメリットがあります。

ケールを中心に手軽な摂取をするなら、やはり青汁がオススメですが、医薬品の処方を受けている方は注意が必要です。

ワーファリンの様な血液凝固阻害税を飲んでいると、ビタミンKが薬の働きを邪魔してしまうので、医師に相談してから使用を検討すると、健康の問題なく利用出来ます。

おすすめの日焼け止め


紫外線対策は「つける時代」から「食べる時代」に


ウェアルーUV

サブコンテンツ

このページの先頭へ