コラーゲンとエラスチンを補給

コラーゲンとエラスチンの働き

紫外線対策では、紫外線に強い肌を作ることも大切です。肌の栄養として知られている2大成分にコラーゲンとエラスチンがあります。

コラーゲン繊維やエラスチンは、肌の弾力を保つのに欠かせませんね。

紫外線が当たるとコラーゲン繊維を分断して肌の弾力を失わせますので、コラーゲンの摂取は必要ですね。

スキンケアで補っていくのも有効な手段ですが、内側からも補うとコラーゲンやエラスチンも十分な量になって肌の状態が保てます。

コラーゲンをつけるより飲んだほうが即効性を感じると聞いたことがあるのではないでしょうか。

私たちの体の中でコラーゲンもエラスチンも生成されています。

ただ、年齢が上がると生成する量が減少していきますので、紫外線対策以外でも補給をオススメしているのです。

肌の弾力以外にもキメを整えたり、肌の新陳代謝には必要な成分なので補給は欠かせませんね。

オススメの補い方

それでは紫外線ダメージを受けにくい肌にするコラーゲンとエラスチンの補い方をご紹介しましょう。

スキンケア成分に選ぶなら、肌に浸透しやすい粒子の大きさになっているかを確認します。

ただつけるだけではなくハンドプレスなどで肌の奥に押しこむようにしましょう。

コットンでのパッティングは肌に余計な負担をかけるのでオススメ出来ません。

そして内側から補うのなら、サプリメントの使用が有効です。

すっぽんや豚足にもコラーゲンは入っていますが、毎日食べられるものではありませんし費用の面でも負担ですよね。

サプリメントの方が手軽でしょう。コラーゲンの摂取をする時はビタミンCと一緒にしたほうが良いですね。

実はコラーゲンが増えるのに、ビタミンCが必要になります。

ストレスや喫煙でもビタミンCが壊れてコラーゲンの減少が見られますので、積極的に取ったほうが良い成分です。

紫外線ダメージからくるシミやそばかすにも有効ですね。紫外線対策をしている時に取りたい栄養素です。

おすすめの日焼け止め


紫外線対策は「つける時代」から「食べる時代」に


ウェアルーUV

サブコンテンツ

このページの先頭へ