カーテンでは安心できない?

そのカーテンで大丈夫?

紫外線対策としてカーテンをした室内なら安心だと思いがちですが、実は一般的なカーテンでは対策にならないのです。

カーテンをすり抜けて室内にまで紫外線が入ってきます。窓に近ければ80%程度、窓から離れても10%程度の紫外線を浴びているのと同じです。

紫外線は空気に反射して室内に入り込んできますので、遮断している様で出来ていませんね。

そのため室内にいる時間の多い方でも日焼け止めなどの紫外線対策が必要になります。

大人も紫外線のダメージを受けますが、小さなお子さんがいる場合、同じく日焼け止めを塗るなどの工夫が必要です。

ただし、直射日光に当たるのとは違いますので、SPFやPAが低めの日焼け止めを選んでも構いません。

SPFとPAの数字は高いほど肌の刺激になるので室内では、長時間屋外にいる時と同じレベルにしなくても問題はありませんね。

カーテンを変えることで改善する方法もあります。

UVカーテンなら安心

一般的なカーテンでは紫外線対策の役割が期待出来ません。

最近ではUVカットカーテンがあり、効果的に紫外線を遮断出来ます。

もちろん遮光カーテンも光を遮るのでUV効果はあります。

紫外線だけではなく日光そのものを遮りますので、部屋の中は多少暗くなります。

部屋の明るさを変えたくないのならUVカットシートを窓に貼るという方法もあります。

ガラスそのものにUV効果があるタイプもありますが、窓ガラスまで変えるのは費用の負担も大きいですね。

ちなみにUV対策ガラスでは90%もの紫外線をカット出来ます。

UVカットシートでは凸凹のあるところに貼り付け出来ないため、UVカット溶剤を塗って紫外線が入り込まない様にも出来ます。

ホームセンターなどに行くと手ごろな価格で販売していますので、取り付けるのも簡単ですよ。

また、業者でも施工してくれるので費用を比較して検討してみてはいかがでしょうか?お子さんがいても安心して室内で過ごせる様になりますね。

おすすめの日焼け止め


紫外線対策は「つける時代」から「食べる時代」に


ウェアルーUV

サブコンテンツ

このページの先頭へ