間違ったケアでダメージが増える

ホワイトニングが大事?

紫外線対策では、十分にしていないとシミやそばかすが出てきますので、ほとんどの方は美白をしておけば良いと思っているでしょう。

しかし、紫外線対策がうまく行かなかった時に必要なのは美白ではありません。

シミやそばかすの予防にも改善にも有効ですが、強すぎる美白成分で肌コンディションが悪化する可能性もあります。

以前、美白成分で問題が起こりましたが、化粧水・美容液・乳液の3ステップ全てに美白成分が入っていました。

1アイテムより3アイテムすべて使った方の方が深刻な問題になっていましたね。

こういったことも考えると、美白成分を使うにも1ステップだけの方が安全です。

残り2ステップでは別の効果が出るものを選んだ方が良いのです。

乾燥や新陳代謝の低下も紫外線ダメージとして出ますので、そのケアに重点を置かないとシミやそばかすの改善にはなりませんよ。

保湿ケアに重点を変えましょう

紫外線対策の失敗でダメージを受けた肌は、保湿に重点を置いてケアしていきます。

肌の乾燥があると、角質が溜まってきて美容成分の浸透が難しくなります。

少しずつ保湿をすることで、角質の剥がれやすい正常な新陳代謝が出来る様になりますね。

角質と一緒に肌に残っていたメラニンがなくなってくので、自然とシミやそばかすにも対処できるようになっています。

こういった流れを見れば、実際に必要な紫外線ダメージのケアは、美白ではなく保湿なのだと分かりますね。

肌の仕組みや働きを知っていると、根本的なケアが出来る様になります。

1ステップは美白アイテムを使うとしても、2ステップで保湿にこだわったスキンケアをオススメします。

テクスチャーのとろみより、美容成分の粒子の細かさで選ぶと肌への浸透も良く効果を実感しやすいですね。

コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどの他にビタミンC誘導体も肌には栄養を与える成分ですので紫外線対策と合わせて実践していきましょう。

おすすめの日焼け止め


紫外線対策は「つける時代」から「食べる時代」に


ウェアルーUV

サブコンテンツ

このページの先頭へ