エアコンの乾燥でも影響が

紫外線のダメージを大きくするエアコン

1年の中でも紫外線量が多くなる夏は、気温も高くなるのでエアコンを使用すると思います。

クールビズになってもエアコンの影響は少なからずでますので、対策が必要です。

紫外線対策をしていないと肌がダメージを受けて、シミやシワだけではなく乾燥しますね。

そこにエアコンによる乾燥が重なると肌の防御能力が低下していきます。

実はオイリー肌だと思っている方のほうが乾燥肌になっている可能性があります。

皮脂は肌のバリアでもありますので足りないと思うと余計に多く皮脂が分泌されます。

ベタつきを感じて洗顔で、その過剰な皮脂を落としすぎると、また余分な皮脂を分泌して肌を守ろうとします。

乾燥しているのに気が付かないと、こういった悪循環に入ってしまいますね。

夏には、エアコンと紫外線での乾燥が出やすいので、ベースとなる紫外線対策から見直していきましょう。

乾燥対策を十分に!

紫外線対策として日焼け止めを塗る他に、毎日のスキンケアで保湿を重点的にしましょう。

乾燥している肌には、とろみのあるテクスチャーを好む方が多いですが、肌に浸透しやすいスキンケア用品を選んで下さい。

美容成分の粒子が小さいと肌の奥まで浸透しますし、その上にエマルジョンをつければ肌から蒸発しにくくなります。

潤いを閉じ込めて肌の乾燥対策をしましょう。プラスしてUVケアを十分にしていけば、紫外線ダメージから来る肌の乾燥を徐々に改善できます。

長年紫外線対策をしていたかどうかで、元の肌コンディションは異なります。

今まで紫外線対策で日焼け止めをつけていなかった方は、乾燥した肌の改善にも時間はかかりますので、根気強く続けて下さい。

お肌のことだけではなく、肌に出る病気を予防するにも紫外線対策は大切なことですよ。

美容と健康のためにも紫外線ダメージが大きくならない様に工夫していきましょう。継続をするのは基本的なことです。

おすすめの日焼け止め


紫外線対策は「つける時代」から「食べる時代」に


ウェアルーUV

サブコンテンツ

このページの先頭へ