目が危ない!紫外線の影響

目から光が入ってもシミに?

最近では紫外線対策をしているメガネも多くなりました。

目の本来の機能で紫外線に対応することは出来ます。

しかし、長時間、強い紫外線を浴び続けるのはオススメ出来ません。

そして肌に対して影響があるのをご存知でしょうか?目から入って来る紫外線でも、肌にシミを作る原因になります。

メラニン色素はシミの原因ですが、肌や細胞を守る機能があります。目に強い紫外線が入ると「体を守らなくてはいけない」と脳が判断して、メラニン色素をたくさん作るのです。

これが目から入る紫外線で、シミやそばかすが出来る理由になっています。

せっかく顔やボディのUVケアをしていても、目を守っていないとシミ・そばかすは予防できなくなりますよ。

モデルや女優など、顔を隠すのにサングラスをするような人もいましたが、実は理にかなった美容方法だということがわかりますね。

サングラスなどの使用を検討

サングラスの使用が一番簡単な目の紫外線予防ですね。

UV加工のカラーコンタクトもありますが、慣れない方は抵抗感もあるでしょう。

そこで、サングラスの選び方をご紹介します。印象としては色の濃いサングラスなら大丈夫だと思ってしまいますが、これは間違っています。

色が濃くて紫外線カット率が低いと逆効果になります。日差しは遮られて暗く感じますので、目は瞳孔が開いた状態になり、より多くの紫外線を受けてしまいます。

色の薄いサングラスでも紫外線カット率が高いと、効果も高くなるのでオススメですよ。

普段の生活でサングラスを取り入れるのが難しいなら、だてメガネで紫外線対策がされているものを使ってみてはいかがでしょうか?

いかにも紫外線対策という印象ではなく、ファッションに取り入れると有効にUVケアが出来る様になりますね。

肌につける日焼け止めだけでは不十分だと考えて構わないでしょう。

夏のオンシーズン以外にも紫外線対策が出来るアイテムとしてサングラスやUV加工のだてメガネが便利ですね。

おすすめの日焼け止め


紫外線対策は「つける時代」から「食べる時代」に


ウェアルーUV

サブコンテンツ

このページの先頭へ