紫外線で皮膚がんになる可能性も

紫外線で皮膚がんの可能性が出る理由

紫外線が長時間当たる、または強く影響を受けると皮膚がんの可能性が出てきます。

肌の奥には基底細胞がありますが、紫外線はこの部分の遺伝子を傷つけます。

通常は、傷ついた遺伝子も修復されるのですが、紫外線を大量に浴びると修復しきれない状態になります。

あた、修復の仕方が間違った結果になることもありますね。特に小さな子供では、この修復間違いによるがんの罹患率が高くなります。

生まれつき傷ついた遺伝子を修復できない疾病の方もいて、紫外線対策はとても大切なことなのです。

昔は子供が日焼けをしているのは健康的に見えましたが、2000年以降は紫外線の量が増えているという現実もあります。

大人だけではなく子供にも紫外線対策をして、皮膚がんのリスクを軽減することをオススメします。

皮膚がんと言ってもいくつかの種類に分かれていますので、転移のしやすさなども含めてある程度の知識を持っていたほうが良いでしょう。

命にかかわる病気なの?

皮膚がんには種類があります。長い期間にわたって紫外線を浴び続けると、基底細胞がんになる方が多いですね。

日本人でも60歳以上の方の70%に見られるそうです。

基底細胞がんは転移しにくいのが特徴ですが、治療をしていないとがん細胞が増殖して転移が出る可能性もあります。

2番目に多いのが有棘細胞がんです。先に日光角化症として太陽光に当たりやすい手の甲などに症状が出ます。

この日光角化症から30%程度の方が有棘細胞がんになると言われます。

また、皮膚がんの中で悪性の分類になるのが、悪性黒色腫です。

メラノーマという名前でも知られていますがホクロの細胞ががん細胞に変化することから発症します。

メラノーマで亡くなる方は年間に約450万人に登ります。発症を予防するためにも紫外線ケアを丁寧に正しい方法で実践していくようにしましょう。

日本や韓国などは皮膚がんの発症率も低いのですが、対策の心頭が十分とは言えない状態です。

おすすめの日焼け止め


紫外線対策は「つける時代」から「食べる時代」に


ウェアルーUV

サブコンテンツ

このページの先頭へ