紫外線が角質を肥厚させる

紫外線で角質が肥大する理由

紫外線は、肌を乾燥させたり、肌の奥のコラーゲンを壊すなどしてコンディションを悪化させます。

正常な機能が失われると肌は防御機能として角質を厚くしていきます。

ターンオーバーが順調なら問題ないでしょうが、この周期も乱れているため、角質が厚ぼったくなっていきますね。

ピーリングやスキンケアをして丁寧にケアしなくてはいけません。

乱れて厚くなった角質は、化粧水の浸透も邪魔しますので、中々深層部まで浸透しません。

初めの内は効果が実感できませんが、徐々に改善するものなので根気強くスキンケアをすることになります。

このようにならないために日頃から紫外線対策をするようにしましょう。

UVケア用品を使わないままでは、肌が紫外線を刺激と捉えて、どんどん角質を厚くしながら守ろうとしてしまいますね。

角質が剥がれないことで、メラニン色素を肌に残した状態になるので色素沈着も目立ちます。

放っておくとどうなるの?

角質肥厚になりつつあって、まだ放っておくとどうなるのでしょう。

アンチエイジングで皆さんが悩む問題が多く見られるようになります。シミやくすみだけではありませんね。

角質が硬くなることで毛穴も目立つようになります。そして肌の弾力も失われますので、たるみも感じ始めます。

毛穴とたるみが同時に出ると、斜めに毛穴が流れて更に目立つようになりますね。

くすんだ肌は、トーンダウンして黒ずんで見えます。シワも目立ち始めて、実際の年齢より遥か上に見られてしまうのです。

肌トラブルのほとんどに関連していますので、紫外線対策はアンチエイジングの基礎と言ってもいいでしょう。

ベースメイクのアイテムは、今では紫外線対策がされているものも多くなりました。

その理由には以上のような関わりがあるからなのです。

紫外線の強くなる時期は重点的な紫外線ケアが必要ですが、通年通して紫外線対策をしていた方が美しさを保てますよ。

おすすめの日焼け止め


紫外線対策は「つける時代」から「食べる時代」に


ウェアルーUV

サブコンテンツ

このページの先頭へ