紫外線は肌を乾燥させる

紫外線で肌が乾燥する理由

肌は表面に皮脂で出来たバリアがあります。これによって肌の水分を閉じ込めたり、外側からの刺激を緩和しているのです。

ところが紫外線によって肌バリアが壊されてしまいますので、肌の水分を維持していくことが出来ません。

水分量の低下した肌は乾燥していきます。肌バリアが失われたのを感じると、角質を溜め込んで肌を守ろうとする機能が働きます。

角質が厚ぼったくなって、スキンケアの浸透を妨げるので、肌水分を補給するのも難しいですね。

このようにして、ますます肌が乾燥していきます。肌バリアがなくなってくると紫外線は肌の奥まで入りやすくなります。

肌の深層部でも炎症が起こり、深刻な乾燥肌に移行していきますよ。紫外線の強い時期にはエアコンの使用頻度も上がります。

これが更に肌を乾燥させると言う悪循環もありますね。紫外線対策を丁寧にすることで、悪循環に入らないように出来ますよ。

ダメージ回復は難しい?

乾燥肌のダメージ回復は難しいですね。化粧水を始めとしたスキンケアを徹底的にしますが、保湿をするだけで十分、ということではありません。

溜まった角質を取り除かないとスキンケアの効果が出ませんから定期的にピーリングなどの角質除去もしていきます。

肌の表面だけではなく、深層部の乾燥もあるので、浸透しやすいスキンケアを選ぶことも大事ですね。

美容成分の粒子には大きさがあって、粒子が大きいと肌の奥までは浸透しにくいです。

角質が溜まり肌の新陳代謝も落ちているため、体を温めたり水分を飲むことで内側からも潤う工夫まで必要になりますね。

紫外線ダメージによる乾燥肌は、バリア機能に問題があります。スキンケアを間違えると、皮脂が過剰に分泌されるようになります。

乾燥肌と脂性肌が混ざった状態になりやすいので、この点にも注意が必要ですね。

紫外線で乾燥した肌は、ゴワゴワとしてシワやたるみも出やすくなるので注意しましょう。

おすすめの日焼け止め


紫外線対策は「つける時代」から「食べる時代」に


ウェアルーUV

サブコンテンツ

このページの先頭へ