紫外線が肌を光老化させる

紫外線で肌に光老化が出る理由

紫外線は2種類あってUV-AとUV-Bを中心に対策します。UV-Cもありますが、ほとんどはオゾン層で吸収されていて影響はありません。

光老化に関わってくるのがUV-Aで肌の奥まで入り込んでしまいます。

肌の深層部にはコラーゲン繊維やエラスチンがあり、繊維の構造がきちんとしていると、ふっくらときめの細かい肌が保てます。

しかし、紫外線対策をせずにUV-Aが入って行くと、コラーゲン繊維を小さく千切ってしまいます。

肌の弾力は失われますし、肌の奥でメラニン色素が定着してしまいますね。弾力の失われた肌は、シワやたるみを出して、年齢肌を作ります。

肌は免疫力も失って弱っていきます。今浴びている紫外線だけではなく、子供の頃から太陽の光にさらされてきましたので、誰でも少なく稲荷に光老化の影響を受けています。

今から始めても、これ以上の光老化を進行させないように出来ますよ。

アンチエイジング出来ないの?

紫外線、特にUV-Aによってコラーゲンやエラスチンが壊れるなら、サプリメントや食べ物で補えばいいのでは?と思うでしょうが、それほど簡単なことではありません。

コラーゲンを大量に摂取しても、全てが顔の肌だけに効果を出すものではありませんね。

コラーゲンはタンパク質ですので肌ではなく内蔵などのコラーゲンとして消費される可能性も高いです。

光老化が出てから対応するのではなく、光老化を遅らせるための紫外線対策に努力した方がアンチエイジングを有効に出来ます。

一生懸命にコラーゲンを撮り続けても、紫外線対策をしなければ、毎日、コラーゲン繊維は壊れていきますのでイタチごっこですよね。

紫外線対策とコラーゲン摂取を同時進行にするのなら効果を実感しやすいでしょう。

アンチエイジンのスキンケアも大切なことですが、紫外線対策の方を中心にすると効率よく美肌を守っていけるでしょう。

通年通して紫外線ケアを心がけると10年後の肌が違いますよ。

おすすめの日焼け止め


紫外線対策は「つける時代」から「食べる時代」に


ウェアルーUV

サブコンテンツ

このページの先頭へ