ウッカリ忘れるクビとデコルテ

一番年齢が出やすいのに…

顔の紫外線対策をしていても、クビやデコルテはうっかり忘れてしまうのではないでしょうか。

女性は特にメイクをしますので、顔だけがくっきり白いと目立ってしまいますね。

クビもデコルテも日光が当たりやすく日焼けをしますので紫外線対策は欠かせません。

クビは年齢が出やすい場所で、年々、しわやシミが気になります。加齢も原因ですが、長年蓄積した紫外線ダメージによるものが大きいですね。

汗をかくので気持ち悪いとか、服に日焼け止めがついて汚れるのも困りますが、その場合はUV加工をしたストールで紫外線宅策をすることをオススメします。

最近は、衣類でもUV加工をしたものが多いので活用しながら紫外線対策を進めましょう。

クビの後ろ、うなじの部分は特に日焼けをしやすいのに日焼け止めを忘れるパーツです。

自分では気がつかないうちに紫外線ダメージは蓄積していきますよ。

顔のUVケアケアとまとめてしましょう

クビやデコルテのケアを忘れない様にするには、毎日のメイクの時にワンセットでつける習慣を身につけましょう。

朝、洗顔をしてスキンケアの後にメイクをしますね。そのときにクビとデコルテに日焼け止めをつける様にしていれば、うっかり忘れる事もないでしょう。

スキンケアで化粧水・乳液をつけますが、これもクビやデコルテまでしておくとアンチエイジングになりますね。

クビはボディーケアを考える方が多いですが、スキンケアの方とセットにした方が忘れずにケアを続けられます。

スキンケアの習慣がつくと、日焼け止めをする時もクビとデコルテを忘れない様になります。

手の平でつけにくい部分は、スプレータイプの日焼け止めを併用出来ますよ。

汗をかきやすいので塗り直しをしながら肌を守りましょう。

涼感タイプのスプレーUVも夏には活用出来ますね。フレグランスとしても利用出来ますので、1つは持ち歩く事をオススメします。

おすすめの日焼け止め


紫外線対策は「つける時代」から「食べる時代」に


ウェアルーUV

サブコンテンツ

このページの先頭へ