夏バテでもダメージ大!

夏バテで栄養が摂れないと

紫外線の強い時期には暑いシーズンが来ていますので夏バテになる方が多いですね。

食事量が減ったり、冷たいものばかり取ることで胃や腸が弱って栄養が吸収できなくなります。

夏バテは健康面での問題を大きく感じますが、体に栄養が入らないということは、肌にも栄養が回らないと言うことです。

過激なダイエットをした方の肌がボロボロになるのも同じ理由からです。

夏バテの時に食べやすいものを選んでしまいますが、冷たい料理が多くなりませんか?

気分的には楽ですが、胃の中から直接体を冷やしてしまいます。人間の体は、内蔵が冷えると率先して内蔵温度を上げようとする働きがあります。

そうすると手足など末端は後回しになって冷え性の状態になります。

冷え性になると新陳代謝も低下して肌のターンオーバーも遅れる、と言う悪循環になります。夏バテには、このような問題もありますよ。

お肌がドンドン枯れていく?

肌のコンディションは、外側からつけるものだけで保たれているのではありません。

内側からも栄養が入ってくることで状態が良くなります。

紫外線対策をしている時も同じで、ダメージが出た肌にスキンケアをしっかりすることは大切ですが、食事などから摂る栄養も必要ですね。

そのため夏バテで食事が摂れなくなってくると、肌を作る成分も少ないため肌がドンドン枯れてきてしまいます。

「夏枯れ」と言うように肌の栄養不足が深刻ですね。冷たい食べ物や飲み物を好む時期でもあり、胃腸が弱ると更に栄養を吸収できなくなります。

紫外線対策で日焼け止めを塗っていても、それだけでは100%安全ではありません。

少しでも紫外線ダメージを受けたら回復するための栄養が欠かせません。

個別にサプリメントを使って補っても構いませんが、体を温める食べ物で栄養補給できる工夫をしてきましょう。

少量でも吸収できる状態なら、栄養を取り込む力は上がりますので無理の無い範囲で摂取して下さい。

おすすめの日焼け止め


紫外線対策は「つける時代」から「食べる時代」に


ウェアルーUV

サブコンテンツ

このページの先頭へ