お茶と紅茶で皮膚がん予防?

お茶と紅茶の成分は?

紫外線対策にも効果のある緑茶と紅茶ですが、これは元々、同じ材料となっていますね。

紅茶は緑茶を発酵させたものなので、成分的に似通っています。

お茶の成分として有名なのがカテキンですね。カテキンは抗酸化作用が高いだけではなく、紫外線が肌に入り込むのを阻害する効果もあります。

他にもビタミンA、ビタミンC、ビタミンEもバランス良く含んでいますので、紫外線対策の飲み物としてオススメです。

スキンケアやコスメにお茶の成分が入っていると、日焼け止めほどではありませんが肌を守るのに適しています。

カテキンが多いほど苦かったり渋かったりしますが、有効成分は多く取れます。

お茶を入れる時には90度程度のお湯で入れて下さい。

抗酸化作用が高いと、メラノサイトが参加しにくくなりますので、メラニンが出来にくくシミを作りませんね。

紫外線対策として予防と改善の両方が出来る便利な飲み物です。

1日に飲む目安として

では、紫外線対策に有効な1日に飲むお茶の料はどのくらいなのでしょう。

お茶を飲むのは1日に1~5杯程度が良いでしょう。多く飲めば良いというものではないので、適量の摂取がオススメです。

特に紅茶はカフェインの含有量が高いので、利尿効果も出てきます。過剰に水分が失われますので、5杯以上は飲まない様にしましょう。

また、夜に眠りにくい方は夕方以降のお茶の摂取を控えて下さい。

カフェインの効果が残り、さらに眠れない状態になります。

カテキンの多さで言うと、緑茶が一番多いです。

次にほうじ茶や番茶がありますが、効率的にカテキンを摂ろうとするなら緑茶の方が良いですね。

女性では貧血気味の方もいると思いますが、カテキンは過剰な摂取をすると鉄分の吸収が悪くなりますので、飲むとしても1日1杯程度に抑えて様子を見て下さい。

鉄材の投薬を受けているなら医師に相談してからにしましょう。胃腸の弱い方なら、胃が荒れる事もあります。

おすすめの日焼け止め


紫外線対策は「つける時代」から「食べる時代」に


ウェアルーUV

サブコンテンツ

このページの先頭へ