魚の驚くべき効果

魚に含まれる成分は?

魚にはオメガ3と言うフィッシュオイルが含まれています。

全ての魚に多く含まれているのではなく鮭やイワシ、アジなどに多いですね。

最近は食卓に魚を出す事も少なくなりましたが1週間に2回程度、食べれば十分です。

オメガ3は紫外線から肌を守ってくれる効果もありますし、ダメージ肌を回復するサポートもします。

紫外線対策としてはオススメの食べ物ですね。肉の脂と魚の脂は性質が異なり、健康上の負担もありません。

少し値段が高いのですがエゴマ油もオメガ3を含んでいます。

エゴマ油を少量飲み続けると、日焼け止めを塗らなくても日焼けしなくなったという方がいますが、念のため日焼け止めは続けた方が良いと思います。

ダイエットをしていると油抜きにする方も多いですが、良い油分は肌を守る皮脂にも良い影響があるので、適量は摂取した方が良いのです。

油抜きダイエットで肌が乾燥していると紫外線対策も有効に出来ませんね。

生で食べる?焼いて食べる?

紫外線対策に魚のオメガ3を摂取する方法ですが、実はオメガ3は熱に弱いのです。

基本的に油は加熱で酸化しますので変質すると思って構わないですね。

オメガ3は特に融点が低めなので、加熱調理には向いていません。

鮭などはお刺身やマリネとして食べた方が成分をしっかり摂れます。

エゴマ油を使用する時も炒め物の油として使用するのは効果が薄れます。

またエゴマ油の抽出過程で加熱されていると、紫外線対策の効果が期待出来ませんね。

エゴマ油はサラダ用ドレッシングにするとオメガ3が壊される事もなく有効成分が摂取出来ます。

エゴマ油、亜麻仁油、しそ油などに入っている成分を壊さない保管方法として冷蔵庫を使用します。

常温ではオメガ3に変化が出るので、こういった工夫も必要ですね。

魚ですと鮭の他に、生食出来るものとしてマグロなどもあります。

1週間に2回お刺身と言う事にするのは負担になる可能性もありますね。

おすすめの日焼け止め


紫外線対策は「つける時代」から「食べる時代」に


ウェアルーUV

サブコンテンツ

このページの先頭へ