UVケア用品の成分に注目

紫外線吸収剤って?

紫外線対策に使用する日焼け止めには2種類あります。まず、紫外線吸収剤からご紹介しましょう。

この紫外線吸収剤は、浴びた紫外線を吸収してエネルギーを取り込みます。

熱に変えて放射したり、紫外線吸収剤の分子構造を変化させて、肌に影響が出ないようにしていますね。

ところが、分子構造の変化があるために、つけたときの状態を維持することは出来ません。

少しずつ構造が変わることで、十分に紫外線の影響を跳ね返す力がなくなっていきます。

結果として、紫外線対策の十分な効果は期待できませんね。日焼け止めにはタイムリミットがあって塗り直しが必要なのは、このような理由があります。

成分名としてはオキシベンゾン-3やメトキシケイヒ酸エチルヘキシルとなっており、成分表を確認すると、紫外線吸収剤が入っていることもチェック出来ます。

その他にも成分名がいくつかありますので、購入前には確認することをオススメします。

紫外線拡散剤って?

紫外線拡散剤の方をご紹介しましょう。名前の通り、紫外線を拡散したり反射して、紫外線ダメージを防ぎます。

今までは、このタイプをつけると白浮きすると避けられたこともありました。

最近では技術も進んでいるので、白浮きをしない様に微粒子化されています。しかも大量に付けなくても効果を発揮するようになったので、かなり便利になりました。

紫外線対策として安心感もありますし、肌がデリケートな方でも問題ないでしょう。肌への負担が少なく、ノンケミカルとして扱われます。

長時間、肌につけたり、お子さんでも心配をしなくていいですね。

高いSPFやPAのなら紫外線吸収剤の方に期待されますが、屋内で過ごすことの多い方は肌に負担も少ない紫外線拡散剤をオススメします。

成分名では、酸化チタンや酸化亜鉛として入っています。一見、科学的な名前ですし肌に悪そうですが、コーティングすることで安全性を保てるようにしています。

おすすめの日焼け止め


紫外線対策は「つける時代」から「食べる時代」に


ウェアルーUV

サブコンテンツ

このページの先頭へ