シミが出来ても洗顔は優しく

肌の刺激で悪化するかも?

紫外線対策をしたけれどもシミが出来たと言うことはあります。

そうすると洗顔でも力を入れてゴシゴシ洗ってしまう方が多いですね。

力を入れて擦ってもシミが落ちることはありません。場合によっては悪化する可能性が高いですね。

肌は刺激を受けると、防御機能が働きます。角質を厚くしたり、皮脂を余分に分泌するなどして、さらにケアしにくい状態を招きます。

強い刺激があれば、メラニン色素を増やして肌を守る機能もあるためシミが増えたとか黒ずみを感じるようになるでしょう。

スクラブの入った洗顔料を使っても同じことが起こりますので注意して下さい。

角質をはがすには強く擦った洗顔の方が良いと言うのは迷信ですね。優しく洗うことで肌も健やかな状態が保てるようになります。

いずれにしても時間がかかりますので、改善も焦らないでじっくりしていきましょう。

マイルドな洗顔方法

最近では、一般的になったと思われていた泡洗顔ですが、実践している人は10%にも満たない状態です。

忙しいこともあって時間が取れないのでしょうが、肌ケアには時間が必要です。泡を作るのが面倒だと泡洗顔をしていないのでしょう。

ホイッパーや泡で出てくる洗顔料もありますので、取り入れながら肌に優しい洗顔をして下さい。

なぜ、泡洗顔が良いのかというと指で肌をこすりつけず、泡がクッション代わりになるので低刺激です。

洗顔料の成分によっては、泡が細かい汚れまで吸着しますので、洗い上がりも良いというのが理由ですね。

ただし、泡洗顔なのに肌を擦っていては洗顔の意味がありませんので、「泡で洗う」と言うことを意識しながら慣れていって下さい。

また、すすぎ残しが出やすいので、泡が残らないように流すことも意識して下さい。

前髪の生え際には注意が必要ですね。すすぎのときも肌を擦らないようにするのがコツです。

マイルドな洗顔方法で紫外線ダメージを悪化させないように出来ますよ。

おすすめの日焼け止め


紫外線対策は「つける時代」から「食べる時代」に


ウェアルーUV

サブコンテンツ

このページの先頭へ