紫外線は肌にシミを作る

紫外線でシミが出来る理由~

私たちの肌には色素があります。紫外線は、肌に当たる時間が多くなると、この色素を酸化させてシミを作るようになります。

肌表面が赤くなるタイプでは、水ぶくれが出来ることもあり、これが潰れると色素沈着を起こして、濃い茶色のシミにもなります。

最近は、紫外線を吸収してくれるオゾン層が薄くなっていることから、紫外線ダメージも深刻だと言われますね。

肌コンディションを整える時、「活性酸素を除去する」というのがキーワードになります。

活性酸素は、元々、私たちが生きていくのに欠かせませんが、ほんの数パーセントだけ体の中の毒になります。

シミのような肌トラブルも出てきますし、健康問題に関わることもありますよ。

紫外線が当たると、活性酸素を作りやすくしますのでシミの原因になります。

そこで毎日のUVケアは紫外線ダメージ軽減に大切なこととなります。

シミを消すのは大変?

肌に出来たシミは消すのが大変です。通常、肌は28日周期で表面の細胞が入れ替わっています。

これをお肌のターンオーバーと言いますね。年齢やストレス、紫外線のダメージでも、新陳代謝が遅れてしまいます。

角質と一緒にメラニン色素が剥がれ落ちてしまえば、シミが残ることは予防できますが、新陳代謝の低下で角質は残ってしまいます。

角質が溜まってくると、シミ対策の美白スキンケアも浸透しにくくなり改善するのが難しくなります。

まずは、出来たシミを消すのではなく、シミを作らない対策をすることをオススメします。

シミは消しにくいので、しっかり紫外線対策をしてシミは作らないほうが良いですね。

紫外線のダメージはシミだけではなく、年齢肌に見せてしまうので、紫外線対策は重要なのです。

日焼け止めを使いながら、有効な紫外線対策をすると、シミも予防でき肌のコンディションを保っていけるようになります。

この日焼け止めの選び方も大切なポイントですね。

おすすめの日焼け止め


紫外線対策は「つける時代」から「食べる時代」に


ウェアルーUV

サブコンテンツ

このページの先頭へ