SPFとPAは高ければ良い?

SPFとPAの意味から解説

紫外線対策に使用する日焼け止めには、SPFとPAが記載されています。

SPFはUV-Bに、そしてPAはUV-Aに対して効果を発揮します。SPFはSun Pratection Factorの略語になっていますね。

数字で示されている部分は、時間の目安です。SPF40となっていると、20分×40(SPFの数字)で計算して、800分は日焼けを予防できるという考え方です。

もちろん、途中で汗をかくと効果が薄れることもありつけ直しは必要です。

また、PA(Protection Grade of UVA)に関しては、+が多いほど効果的です。

ただし、主婦の方が少し外出する程度なら、++のレベルで問題ないでしょう。

最近では、++++まで強力になりましたので、紫外線対策に力を入れるなら良いと思います。

長時間の外出であれば、SPF、PAともに高い方がオススメです。

シミやたるみを作る原因になるUV-Aは、アンチエイジングに興味のある方はシビアにチェックしているのではないかと思います。

高い分だけ肌にはダメージが?

スキンケアをした後に日焼け止めをつけますので、肌に直接触れていると思っても良いですね。

そのため、SPFやPAが高すぎる場合は、肌にも負担がかかるようになります。

たしかに紫外線対策としての効果は高いのですが、肌荒れのないようにしたいですね。

基本的に、ちょっとした買い物であれば、SPFは20程度、PAも++程度で十分です。

日焼け止めの後にファンデーションなどのベースメイクもしますので、日焼け止め効果のあるファンデーションをつければ何の問題もありません。

刺激の強い成分が入っていると、肌ダメージが深刻になりますので注意しましょう。

長時間日差しの強いところにいると言う場合は、最高レベルのSPF50とPA++++がオススメですし、シーンや外出時間で使い分けることも大事でしょう。

小さなお子さんに使う場合は、キッズ用が販売されていますので刺激も少なく使用できます。

化粧の上から日焼け止めが出来るスプレータイプも併用しながら紫外線対策をしていきましょう。

おすすめの日焼け止め


紫外線対策は「つける時代」から「食べる時代」に


ウェアルーUV

サブコンテンツ

このページの先頭へ