十分な睡眠で肌強化!

寝ると肌にいいのはなぜ?

紫外線のダメージ回復以外でも美肌には睡眠が大事だと言うのがスタンダードな考え方になりました。

これは何故なのでしょう?いわゆる「お肌のゴールデンタイム」は午後10時~午前2時となっています。

この時間に睡眠を取っていると成長ホルモンの分泌が盛んになります。

成長ホルモンは、私たちの体が日中に受けたダメージを回復・修復する機能に優れています。

紫外線対策をしてもダメージを受けた場合は、夜に成長ホルモンで肌の回復を図れると言うことですね。

ストレスを治めたり、体の休息も大事なことなので、眠ることは、とても大切なのです。

平均の時間帯として午後10時~午前2時となっているので、人によって多少異なりますが、目安にしながら睡眠を取ってください。

年齢とともに夜更かしをすると肌荒れが目立ちますね。成長ホルモンの恩恵を受けないと肌の回復が難しくなっていきますよ。

何時間寝るのがベストか?

さて、睡眠は何時間取るのがベストかという問題もあります。実は、人により長時間睡眠に向いているか、短時間睡眠に向いているのかが違います。

時間数を多く寝れば、紫外線のダメージが回復すると言うことではありませんね。

質の良い睡眠が取れていれば、時間数にこだわる必要はないので、ぐっすり眠れる工夫をしましょう。

ストレスが溜まってイライラしていると眠りにくいと思います。寝る前にリラックスタイムを作って備えるのもオススメです。

テレビやDVDを見ていると眠くなると思っている方が多いですが、強い光を見続けても中々眠れなくなるので、照明を落として過ごす時間も作ると良い睡眠に繋がります。

こう言った工夫をしながら質の良い睡眠が出来ると、日中に受けた紫外線ダメージも回復しやすくなります。

肌につけるスキンケアや食事などでダメージ回復を仕切れない時には、睡眠についても見直すようにしましょう。生活習慣でも肌のコンディションが変わりますよ。

おすすめの日焼け止め


紫外線対策は「つける時代」から「食べる時代」に


ウェアルーUV

サブコンテンツ

このページの先頭へ