夏野菜のトマトが便利

トマトの成分で効果があるのは?

紫外線対策は食べ物の工夫でも出来ます。劇的な効果ではありませんが、続ける事によってコンディションが整います。

例えば、夏野菜のトマトは美容にもオススメですよ。リコピンと言う成分をご存じだと思います。

このリコピンは、抗酸化作用があって、活性酸素を除去します。

肌は参加することでトラブルを起こしますので、それを予防する抗酸化作用は大事ですね。

また活性酸素が体内に溜まると美容だけではなく健康の問題も出ます。

もちろん、リコピンだけで効果が発揮されるものではありませんので、普段からバランス良く食べることは欠かせません。

一時期、ダイエット効果があるとトマトだけが勧められていましたが、トマトだけ食べていれば痩せるものではありませんね。

紫外線対策をしても日光に当たる時間が多いと肌の温度が上がります。クールダウンさせるのにもトマトはオススメですよ。

ちょうどいい時期で活性化

紫外線の強い夏にトマトは旬を迎えます。最近ではハウス栽培のものが多く年中トマトを買えますが、やはり旬の時に食べると効果が高いですね。

トマトは夏野菜に分類されますが、夏に食べると体温を下げる効果を持っているからです。

あまり食べ過ぎると冷え性の女性には良くないので、様子を見ながら適量を食べる様にして下さい。

リコピンの活性酸素除去や抗酸化作用の効果は、多ければ多いほど効果を発揮する訳ではありません。

シミやシワなどエイジング肌へ徐々に効果を発揮しますが、過剰に摂取しても意味がありません。

赤い野菜や果物にはベータカロテンが含まれています。

これは日焼けを回復するサポートをしますので、紫外線対策をしている時期に摂取するのはオススメですよ。

ベータカロテンには抗がん作用もあり、紫外線対策を必要とする皮膚がん予防としても活用出来ます。

赤い斑点が出ている時はリコピンの方が改善効果を発揮します。

おすすめの日焼け止め


紫外線対策は「つける時代」から「食べる時代」に


ウェアルーUV

サブコンテンツ

このページの先頭へ