侮れないビタミンCの実力

飲んでサポートするには

ビタミンCは肌に良いものとして、かなり前から使われてきました。

まず、飲んでサポートする面から見直していきましょう。ビタミンCは美白効果の印象があると思います。

美肌にも活躍しますね。これは、ビタミンCの直接的な効果と言うよりは、ビタミンCがコラーゲンの生成をサポートして肌をキレイにするからです。

紫外線対策ではコラーゲン繊維などが壊されないようにしますが、万が一、壊れてもビタミンCが多ければ、コラーゲンを生成して補えますね。

ビタミンCは体の中にあっても壊れやすいので、どんどん補給しなくてはいけません。

ストレスが強くても、喫煙をしても大量のビタミンCが壊れていきます。1日の推奨摂取目安は100mgとなっていますが、これでは足りませんね。

水溶性のビタミンですし、多く摂取しても体に必要なければ排泄されますので、多めを目安にビタミンCを摂るようにしましょう。

肌につけてサポートするには

肌につけるビタミンCは、さらに美白の効果が期待できます。

ただ、紫外線ダメージを受けてシミやソバカスになっても、普通のビタミンCでは効果が実感できません。

ビタミンCは不安定な状態であって、安定して効果を出すにはビタミンC誘導体になっているものです。

肌にも浸透しやすく効果が高いので、肌につける時は多くの方がビタミンC誘導体を選ぶようになっています。

肌の外側からもビタミンCを補うことで、コラーゲンのサポートをしますし、ターンオーバーも正常化されるとシミやソバカスを改善するのに役立ちます。

ビタミンCが肌を白くするのではなく、肌の働きを正常にして改善効果を促してくれますよ。

ビタミンCを飲むだけとかつけるだけと限定せずに、両方から相乗効果を出した方が紫外線のダメージ回復はしやすいです。

紫外線対策もしながら、強い肌が作れるのではないでしょうか?毎日の積み重ねが大事なので検討してみましょう。

おすすめの日焼け止め


紫外線対策は「つける時代」から「食べる時代」に


ウェアルーUV

サブコンテンツ

このページの先頭へ